シャンプーシャンプー

シャンプーって何だろう

世の中には沢山のシャンプーがあります

毎日の汚れを落とすために、お風呂は毎日入ります。そして、お風呂では髪を洗うためにシャンプーやリンス、トリートメントやコンディショナーを使いますよね。
でも、一口にシャンプーシャンプーって言ったって、その種類は豊富です。メーカーやブランドも沢山あって、選ぶ際に迷ったりしませんか?シャンプーにこだわりの無い人なら、適当にその辺のものを、買い物かごに入れてレジを通しますよね。でも、髪が痛んでいる人や、敏感肌で頭皮の痒みに悩んでいる人、高齢で育毛について気を使っている人だと、シャンプーにもこだわる必要があります。なので、髪と頭を綺麗に保つためのシャンプーというものについて、少しばかり考えていきたいと思います。

髪の健康はシャンプーで洗髪をする事

健康で綺麗な髪を保つためには、毎日きちんとシャンプーで髪を洗う事が大切です。髪についた汚れを洗い流す事はもちろん、頭皮の毛穴を塞いでしまっている自分の汗の脂分や汚れも洗い落とさないと、育毛を妨げる事にもなります。特に整髪料や髪を染めている人は、染料が毛穴を塞いでしまっている可能性が高いので、洗髪は欠かせません。
また、シャンプーをする際には、指の腹で頭皮をマッサージするように行う事で、血行が良くなり、髪への栄養分もいきわたりやすくなり、育毛にも効果があります。シャンプーで髪を洗うという事は、髪を綺麗に保つだけではなくて、頭部の健康も保つという大切な役割があるんですね。

シャンプー時の抜け毛についてのエトセトラ

シャンプー時、髪の毛は絶対に抜けるの?

 

どれだけ丁寧にシャンプーをしていても、シャンプー時の抜け毛というのは、決して避けることのできないものです。これは、正しい手順で髪の毛を洗っていても変わりません。シャンプー時の抜け毛は、1日に抜ける本数のうち60パーセント程度を占めており、かなりの本数がこのときに落ちることになります。個人差は大きいのですが、25本~100本の抜け毛が起きるケースが多いと言われています。季節や、人によっては、170本近くも抜け毛が落ちる、なんていうこともあります。

 

抜け毛は、男女問わず、髪の毛が長い方が起こりやすいと言われています。シャンプーが終わった後、排水溝にたまる髪の毛の量をみてびっくりした、という経験のある人もいるかもしれませんね。

 

シャンプーの時の抜け毛はどうするべき?

ときどき、「ああ、今日もこんなに髪の毛が抜けてしまった…」と、抜け落ちた抜け毛を数えている人がいます。
しかしこれはあまり良いこととは言えません。
上でもあげたように、シャンプー時の抜け毛が起きるのは自然現象なのです。

 

抜け毛を悪化させる原因の一つに「ストレス」がありますが、シャンプー時の抜け毛の本数を数え、それに一喜一憂するというのは、このストレスを加速させます。
「いきなりごっそり抜け落ちた」「毎回排水溝の掃除が必要になるほど大量である」ということであれば、気にしないようにしましょう。