髪に良くないシャンプー

髪に良いシャンプーを探そう

髪を洗いながら傷つけているシャンプー

毎日髪を洗う時に、シャンプーを使ってごしごしと洗いますよね。洗った後はタオルでふき取って、ドライヤーで乾かして、綺麗でさらさらで良い香りが立ち込めて、一日の疲れも洗い流した気分になります。でも、薬局やスーパー、ドラッグストアで市販されているシャンプーって、実は髪に良くないシャンプーもあるんです。なので、髪の状態を常に整えて、頭皮も健康に保ち、毛穴の汚れもしっかり取って育毛を妨げないシャンプーを選ぶ必要があるのです。毎日使い物だからこそ、ちょっとした気遣いを持って選ぶ事が、健康で綺麗な髪と、その髪を育てる育毛のためには、大切な事なのです。では、髪に良くないシャンプーについて、ご紹介していきましょう。

シャンプーの何が良くないのか

市販されているシャンプーは、低価格で簡単かつ手軽に買えて、性能の差もそんなに違わないと思って、あまり気にされていない人が結構います。特に、髪の短い男性はそこまで神経質にこだわったりしませんよね。でも、髪の事はもちろんの事、頭皮や発毛、育毛の観点から言うと、きちんと気をつけて選ばないといけません。市販されている安いシャンプーの大半は、高級アルコール系のシリコンシャンプーというもので、これは確かに洗浄力があるのですが、洗い流す力が強い分、髪と頭皮に与える刺激も強いのです。それゆえに、敏感肌の人には特に痒みを発生させる事になり、頭皮を傷つけて、かえって髪と頭皮の健康に悪く、引っかいた肌や血液が毛穴に詰まって、育毛を妨げる原因となります。だから、シャンプーはその辺りを気をつけて選ぶ事が大切ですね。