シャンプー 良い

良いシャンプーの見分け方

良いシャンプーとされるものの種類

シャンプーは、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーに、大きく二分されています。シリコンは、高級アルコール系シャンプーの中に含有されていて、シリカやシリルという成分がパッケージに表記されていますので、簡単に分かります。泡が立てやすくて洗浄力が強いという特徴がありますが、その分刺激も強くて髪を傷めやすく、それを補うためにシリコンでコーティングするという手法がとられてます。
ただ、頭皮の毛穴も塞ぐ可能性があると言われ、また刺激が強いから頭が痒くなって、頭皮と毛穴をがりがりとつぶしてしまって出血してしまい、毛穴をかさぶたや血液が塞ぐ可能性がある事から、育毛にも良くはありません。なので、刺激の少ないとされるノンシリコンシャンプーが、敏感肌の人には良いシャンプーと言えます。

良いノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーで有名な成分は、ベタイン系とアミン酸系です。ベタイン系のシャンプーとして代表的なものは、赤ちゃん用のシャンプーです。ベタイン系は刺激が少ないということで、敏感肌の赤ちゃんには適しているシャンプーで、目に入ってもそんなにしみない事から、赤ちゃんの入浴の際には重宝するものです。赤ちゃんがお風呂でぐずったら、危ないですからね。アミノ酸系も、刺激が少ないノンシリコンシャンプーです。アミノ酸ダイエット等、近年ではアミノ酸が健康にとても重要な働きがあり、アミノ酸系のサプリメントも沢山出ているので、ご存知の方も多いでしょう。その事から分かるように、人体への影響や副作用も無いので体に優しく、良いコンシャンプーと言えますね。