シャンプー ノンシリコン 意味

ノンシリコンシャンプーというシャンプー

ノンシリコンシャンプーというものについて

ノンシリコンシャンプーが、毛穴を塞がずに育毛を妨げないから良いとされていますが、近年の研究によれば、シリコンが毛穴を塞ぐという事は確実ではなく、科学的根拠に乏しいとされています。ただ、コーティングする機能がある事から、絶対に大丈夫とも言われていないので、注意するに越したことはありません。それに、市販されている高級アルコール系のシャンプーは刺激が強いことから、敏感肌の人は痒くなりやすく、かきむしって毛穴をつぶしたり、出血したりして毛穴をつぶしたり塞ぐ事があるので、そういった意味では育毛を妨げる要因となります。なので、刺激とダメージを防ぐためのシリコンを入れる必要があるシャンプーよりも、刺激の少ないノンシリコンシャンプーを使う方が良い、という事が言えますね。

ノンシリコンシャンプーの種類

ノンシリコンシャンプーにも、色々と種類があります。ベビーシャンプーとして使われているベタイン系と、健康系アミノ式と宣伝されていることで有名な物質のアミノ酸系のシャンプーが、ノンシリコンシャンプーと呼ばれるものです。ベタイン系は、ラウラミドプロピルベタインといったように、成分表にベタインと表記されているものが該当します。赤ちゃんに使っても大丈夫なベビーシャンプーとして使われている事からわかるように、刺激が少ないという特徴があります。アミノ酸系は、ココイルケルコシンNaというように、ココイルという名前が成分表に記されている事で判別出来ます。アトピー性皮膚炎の人や敏感肌の人には、アミノ酸系のシャンプーの方が良いとされています。